電子定款のつくり方 〜行政書士が作成する場合〜

電子定款を作成するまでの流れをまとめました。

 

こんにちは、ふたり税理士 & 行政書士の伊沢です。

 

行政書士の仕事の一つに「定款の作成」があります。
定款は「紙」で作る場合と「電子」で作る場合があります。
「紙」で作ると収入印紙が4万円かかるのに対し、「電子」ではその4万円がかかりません。
このことから是非とも電子定款を作成したいものです。

そこで、はじめて電子定款を作成する行政書士の方のために、その作成手順および注意点をまとめました。

電子証明書を用意する

まずは行政書士電子証明書を用意します。
下記サイトより電子証明書の取得手続きを進めます。

行政書士電子証明書  – セコムトラストシステムズ株式会社

ここで注意したいのが、電子証明書の取得までには時間がかかることです。
手続きを始めてから取得するまでに約2、3週間かかります。
定款作成を業務として行う場合には、事前に電子証明書の準備を進めておく必要があります。

電子証明書は有効期間によって料金が異なります。
2年間で14,000円(税抜)、3年間で21,000円(税抜)です。
3年間にしても割引があるわけではないので、私は2年間にしました。

 

Adobe Acrobatを用意する

PDF変換ソフトウェアとして「Adobe Acrobat」を用意します。
下記サイトよりAdobe Acrobatを購入してください。

Adobe Acrobat DC – Adobe Document Cloud

投稿日現在、Adobe Acrobatには「Acrobat Pro DC」と、「Acrobat Standard DC」の2種類のプランが提供されています。
どちらを選んでも構いません(下記参照 )。

(SignedPDF 操作説明書より引用)

 

*よくある間違い*
「Adobe Acrobat」と「Adobe Acrobat Reader」は異なるソフトです。
「Adobe Acrobat Reader」では電子定款を作成できませんのでご注意ください。

 

PDF署名プラグインソフトを用意する

PDFファイルに電子署名を行うため、「PDF署名プラグインソフト(以下、「SignedPDF」という)」を用意します。
下記サイトより「PDF署名プラグイン」をダウンロードして下さい。

登記・供託オンライン申請システム -ソフトウェアのダウンロード

*インストール中に悩むところ*
インストールの途中「デフォルトで設定する署名方法を選択して下さい。」の画面が出てきたら、「証明書ストアを使用する」にチェックを入れて下さい。

 

Adobe Acrobatの環境設定を行う

「SignedPDF」を使用するために、Adobe Acrobatでの環境設定を行います。

  1. メニューから[編集]→[環境設定]→[一般]をクリックします。
    (SignedPDF 操作説明書より引用)
  2. 環境設定画面が表示されたら、左側項目のうち[署名]を選択。
    電子署名の「作成と表示方法」にある[詳細]をクリックします。
    (SignedPDF 操作説明書より引用)
  3.  「作成と表示方法の環境設定」画面が表示されるので「デフォルトの署名方法」から[SignedPDF]を選択し、[OK]を押します。
    (SignedPDF 操作説明書より引用)

 

SignedPDFの環境設定を行う

SignedPDFを使用する為の環境設定を行います。

  1. Acrobatのメニューから[編集]→[環境設定]→[SignedPDF]をクリックします。
    (SignedPDF 操作説明書より引用)
  2. 「環境設定」画面が表示されるので、[証明書ストア]をクリックします。
  3. 「環境設定」画面内の[パスワード変更]をクリックします。
    「パスワード変更」画面の各項目にパスワードを入力し[OK]をクリックします。*パスワードって何?*
    「旧パスワード」とは、セコムトラストシステムズから送付された電子証明書の「PINコード」のことです。
    「新パスワード」の設定は『任意』のため、変更しない場合は前述した「PINコード」を再度「新パスワード」に入力します。
  4. 「環境設定」画面内の[証明書ストア管理ツール]をクリックします。
    「メニュー」から[初期化]を選び、先ほど設定した「パスワード」を入力し[OK]をクリックします。
  5. 「証明書ストア管理ツール」で「証明書情報」の[追加]をクリックします。
  6. 「追加する証明書のファイル名」の[参照]をクリックし、セコムトラストシステムズから取得済みの電子証明書ファイルを選択します。
    「パスワード」を入力し[インストール]をクリックします。
    [終了]をクリックします。
  7. 「環境設定」画面内「署名時の規定値」の[設定]をクリックします。
  8. 「環境情報入力画面」内の「署名者情報」各項目にご自分の情報を入力し、[OK]をクリックします。

電子署名を実施する

  1. Acrobatメニュー画面の[ツール]を選択して[証明書]アイコンをクリックします。
  2. 「証明書メニューバー」の[電子署名]をクリックします。
  3. ドラッグして署名する場所を指定します。
    よろしければ[はい]をクリックします。
  4. 署名が正常に終了すると、下記のような印影が表示されます。
    *以下の画面が表示されますが、気にしなくて結構です(SignedPDFの仕様により表示されます)。

以上で電子定款が完成です。

 

なお、「定款の認証」については、下記の記事を参考にしてください。

定款認証の受け方 ~行政書士が代理で受ける場合~

 

 

電子定款のつくり方 〜行政書士が作成する場合〜” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。